ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

ある大学生の日常サンプル

【PIXEL GUN 3D】のチームストライクでほぼ負けなしの俺が勝率を上げる方法を教えるぜ!!【PIXELGUN3D/攻略】

【スポンサーリンク】

こんにちは!

2017年9月のアップロードで【PIXEL GUN 3D】にチームストライクが追加されましたね!!

 

個人的に、このモードが一番楽しいので最近はチームストライクばっかりやっています。

また、チームストライクは回転率が高いので、報酬のコインを手っ取り早く貯めたいときなんかにもおすすめですね。

今まで下に挙げたように、様々な記事を書いてきましたが、今回はそんなチームストライクでの攻略法を書いていきたいと思います。

 

過去の記事

 

www.nitijyousample.xyz

www.nitijyousample.xyz

www.nitijyousample.xyz

www.nitijyousample.xyz

 

執筆者の紹介

毎回のことで申し訳ないですが、自論に説得力を持たせたいのでいつも通りに自己紹介させてください!

現在のレベルは34で戦績は下記の画像の通りです。

f:id:bult32ploc:20170922005311p:plain

基本はチーム戦とチームストライクばかりやっています。

 

自身の強さに関しては強いほうだと思っていて、27レベルの時に75位で週間ランキングに乗りました!(確かトロフィー10000以上でした)

f:id:bult32ploc:20170801181642p:plain

 

また、最近のプレイだと味方が1ラウンド目からいなくなってしまった環境で、何とか勝ちに持ち込めるくらいの強さはあります。

f:id:bult32ploc:20171011231023p:plain

 

課金額については始めたころに買った初心者応援パックの分の120円だけだったので無課金や微課金の方に近い感覚で説明できると思います。

 

今回の説明は、どのレベル層にも言えることも書きますが、チームストライクが実装されたときには、ジャンボが上位層の上限であるLV27以上であった為、上位層よりの話が多くなってしまうかもしれません。

 

 

チームストライクってどんな対戦モード?

チームストライクとは、チーム戦で3対3に分かれて先に4回先取したほうが勝ちとなる対戦モードです。

 

今までの対戦モードと比べて違う点は、

  • ラウンド先取制である。
  • ガジェットの持ち込みは禁止(ただしグレネードが支給される)
  • 武器は途中で変えられない
  • 一回死んだら、そのラウンドに参加することができない。

といったところでしょうか。

 

このことから、持ち込む武器はしっかり選ぶことと、一回一回のラウンドで丁寧に戦うことが重要だといえるでしょう。

 

ステージを選ぶならどのステージ?

ステージ選びも重要です。

安定した勝利を目指すなら、【施設】を選びましょう。

施設は相手がこっちに攻めてくるときの道が明確でかつ、隠れられる場所も少ないのでイレギュラーが起こりづらく安定して勝つことができます。

(一方でプレイスキルに自信がないと、勝ちづらいステージでもある。)

 

ちなみに隠れられる場所は、橋の下、小部屋の中の箱の上、下の階のステージの端が多い傾向です。

f:id:bult32ploc:20171011223145p:plain

 

 相手が見当たらないときや裁判官を相手が使っていたら、そこら辺を注意して探しましょう。

 

武器選択以外で他のプレイヤーと差をつけよう

実はチームストライクでは、武器選択以外でアドバンテージを取ることができる要素があります。

それは、名前とスキンです。

名前は基本的に敵から見ると赤く表示され目立ちます。その為、目立たないように名前は【・】のような点一つ等にすると相手から場所がばれづらくなります。

 

スキンは、単色または背景に紛れられるようなものにしましょう。

ステージが施設であれば、グレーの単色スキンがオススメです。

(ちなみにスキンを自由に変えるには40コインが必要です)

 

 やり方は下の記事でも説明していますが、下の画像の赤枠の乱のチェックを外せば装備の表示を消せます。

※ただ、このやり方は自分らしさもなくしてしまうので勝利にこだわりたいという人だけやればいいと思います。

 

www.nitijyousample.xyz

 

f:id:bult32ploc:20170922004342p:plain

 

 広告

 

 

チームストライクでオススメの武器

ここからは、チームストライクで活躍する武器を書いていきます。

ある程度は、どのステージでも活躍する武器ですが、使うにあたって【施設】でより活躍する武器を紹介していきます。

 

壁貫通を持つ武器シリーズ

f:id:bult32ploc:20170801170550p:plain

壁貫通の武器には【レーザークロスボウ】、【アンチヒーローライフル】、【プロトタイプ】があります。

その中でも、オススメは【レーザークロスボウ】です。

 

壁貫通を持つ武器は【施設】では有利に働き、上の階から下の階の敵に攻撃したり、その逆もできます。壁を介しての攻撃はほぼ無敵なので積極的に使いましょう。

 

さらに、壁貫通を持つ武器は相手が壁に隠れていても、そこにあたりをつけて攻撃することができます。

これは、下で紹介する裁判官に対して非常に有利に働きます。

赤く表示されている名前が見えたら、名前のちょうどした下らへんを撃ってみましょう。

 

【裁判官】

f:id:bult32ploc:20170906061024p:plain

裁判官は、自分で操作できるミサイルを撃つ武器でチームストライクで持ち出されるとかなり厄介です。

チームストライクでは一回死んでしまうとそのラウンドは終わってしまう為、隠れて自分の安全を確保しながら確定一発で倒せるこの武器は非常に強力です。

 

ただ、対策がないというわけではなく開幕で相手に特攻する、ミサイルが追いかけてきているときは、接近武器などの軽い武器をもって逃げる等で対処できます。

 

ちなみに僕がステージ選択で【施設】を選ぶ理由も、施設だと相手の隠れている場所が分かりやすいというのが、かなりの割合を占めています。

(それでも、裁判官はあまり使われたくありませんが・・・)

 

自動追尾シリーズ

f:id:bult32ploc:20170801170348p:plain

一回の死亡がゲームの勝敗を分けるチームストライクにおいて、相手を追尾して確実なダメージを与えてくれる武器は非常に活躍します。

 

自分のエイムに自信がない方は、自動追尾する武器を選択すると良いと思います。

自動追尾する武器は【ビースワームスペル】、【ナノポットライフル】、【スマートブレットバズーカ】です。

 

また、自動追尾する武器の中で特におすすめなのが上の画像のスマートブレットバズーカです。

この武器は、追尾する武器の中でも弾のスピードが遅い武器なので事前に敵が通りそうな場所に打っておけば敵にプレッシャーをかけられます。

 

【施設】のステージで戦う場合の初期配置は以下の画像のようになっています。

その為、相手が進むであろう矢印の方向に先にバズーカを置いておけば、相手にプレッシャーをかけることができ、うまくいけばそのまま倒せます。

f:id:bult32ploc:20171011221918p:plain

しかしながら、状況によってはそれを察知して上の階のルートを通らない相手もいるので状況を判断しながら置きバズーカをしましょう。

 

また、【スマートブレット】を先に撃っておいて、特殊武器で自動追尾の【ナノポットライフル】を組み合わせて撃てば、2つの追尾武器で緩急をつけた追尾攻撃ができます。

 

戦力になる味方をそろえよう!!

綺麗ごとは言いません!!

味方はちゃんと選ぶべきです!!

これはあくまでも僕基準ですが、27lvから36lv帯でのチームストライクでは

 

・自チームのlvの総和が相手チームのレベルの総和を超えていること(レベル差が3以上あると圧倒的にきつくなってくる)

・自チームにトロフィーの数値が2500より下のプレイヤーがいないこと

 

を基準にして、基準を満たしていない場合は対戦が始まる前に部屋から抜けています。

 

これに対して批判もあるかもしれませんが下の僕の過去の対戦画像を見てください。

f:id:bult32ploc:20171011225744p:plain

一番上の灰色スキンが自分です。

この時は味方を選んでいませんでした。

それによって開幕早々味方がすぐにやられて1対3の状況になることが多く、非常に苦戦し、最終的に自分が11キルで味方が1キルでした。

 

この時は何とか勝てたのでよかったですが、これで負けていたら悔しくて仕方なかったと思います。

 

基本的にトロフィーが低い人には共通点が二つあります。

  1. 回線が弱く、落ちやすい(人によってはわざと抜けている可能性もある)
  2. 単純に弱い

 

正直なところ、これらのプレイヤーを背負いながら戦う余裕はありませんし、ある程度戦える人と一緒に戦ったほうが楽です

その為、味方は厳選することを勧めます。

 

あとがき

いかがだったでしょうか?

今回はきれいごと抜きで勝つ方法について書きました。

人によっては、きついことを言っていると感じるかもしれませんが、それでも自分は楽して勝ちたいので、強い味方と一緒に戦いたいです。

 

次は、デッドリーゲームで勝つ方法について書きたいと思います!!

それでは健闘を祈りまーす!