ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

ある大学生の日常サンプル

過去問がないと大学の試験は詰むのか、大学4年生が答えるよ!

【スポンサーリンク】

どうも!単位を落としたことのない男ジャンボです。

 

大学生は6月に入ってちょうどテストのことを意識し始める季節ですね。

自分はもう4年生で単位を取り終えているので、テストはありませんがこの季節になると大学1年生のころに【大学の試験は過去問がないと詰む】説を聞いて心配になっていたことを思い出します。

 

そんなわけで今回は【大学の試験は過去問がないと詰む】説について、大学に4年間通った自分が答えてみようと思います。

 

ãã¹ããè¿ãåçã®ã¤ã©ã¹ã

 

自分の通っている大学と学部について

どんな大学に通っているか分かっている状態のほうが話のイメージがしやすいと思うので、先に自分の大学について書きます。

 

自分は関東のMARCHとくくられている大学に通っています。

偏差値的には中の上くらいでしょうか。

学部は経済学部でした。従って、理系の方にはあまり参考にならないかもしれません。

ただ、教養科目のテスト等では通じるところもあると思うのでよかったら見ていって下さい。

 

大学についての情報はこんな感じです。これくらいの大学で学部は文系というようなイメージで詠み進めてもらえると良いと思います。

大学のテストは過去問がなくても詰まない

いきなり結論ですが、しっかり高校のテストの時と同じように真面目に授業に参加していれば落ちることはないですよ!

自分は全部で60個くらいの授業を受けましたが本当に難しいと感じたものは5個もありませんでした。

 

また、自分の周りでも過去問がないから単位を落とすという人は稀でむしろ落とす人のほうが少なかったです。

なぜ過去問がないと単位を落とす説が広まったか

とはいえ、「心配ないですよー!はいこれでこの話おしまい!」と言って不安が静まる人も少ないと思います。

なので、ここからはそもそも過去問は役に立つものなのか、なぜ大学の試験は過去問がないと単位を落とすと言われてしまう程に難しいと思われてしまったのか等について書いていきます。

これを参考にテスト対策を考えれば、単位を落とすことは少なくなるかもしれません。

過去問は役に立つのか

そもそもの話として、過去問は役に立つかという疑問について答えます。

正直なところ過去問は無くても詰みませんが役に立ちます

試験の内容にもよりますが、過去問とほぼ同じ問題を出題するようなテストも今までの記憶を振り返ればありました。

なので、学生の間で「過去問ないと詰むわーwww」なんて冗談交じり(半分はマジ)の会話もあります。

個人的にはこれが一番過去問がないと大学の試験が詰むという話に繋がった要因なんじゃないかなーと思っています。

 

ただ、もう一度注意してほしいのは過去問は役に立つこともあるだけで試験によっては去年のものと全然違う問題が出題されることもあります。

しっかり対策をして挑むようにしましょう。

大学の試験の難しさとは

ここからは、高校の試験と大学の試験の違いを説明しながら大学の試験の難しさを説明したいと思います。

 

大学の試験の難しさは大きく分けて2つあります。

 

・テスト対策が難しい

・睡眠、欠席が命取り

大学の試験は対策がやりづらい

大学の授業は基本的に教科書通り進むわけではなく、プリントをもらったり参考書を読み進めながら行います。

従って高校の教科書のように明確に問題があり、それを解くということはあまりありません。つまり、授業内で問題を解くことがないので「あの問題がきたら、こうやって解こう」という経験がないままテストで問題を解くことになります。

その為、大学の試験を難しく感じてしまうのでしょう。

 

また、テスト自体も先生が毎回違うので形式が変わってしまいます。その為、文章をしっかりかけるような勉強の仕方をするべきか、選択肢が出たときにそれが分かる程度の勉強で良いのかが分からないというのも対策が難しい要因の一つでしょう。

 

ただ、授業によっては先生がどんな問題をどんな形式で出すか教えてくれるのでそれを聞き逃さないようにしておけば大丈夫です。

逆を言えば、授業中に寝てしまい聞き逃してしまうと難易度が大きく上がってしまうので注意しましょう。

睡眠、欠席が命取りになりやすい

高校までの授業であれば、睡眠や欠席をしても、友達にすぐに教えてもらって情報を得ることや教室まで行って先生と連絡を取ることも簡単でした。

しかし、大学では授業で寝てしまったり欠席をすると単位を落とすことにつながってしまうことになります。

理由は大学は高校と違って毎回友達と授業を受けるものでもありませんし、先生と連絡をすぐに取れるわけでもないからです。

従って、たまたま欠席してしまった時などに試験に関する連絡や単位取得に必須のレポート課題を出されてしまうと命取りになってしまうのです。

 

とはいえ、次の授業の時に先生に前の授業で何があったか聞きに行こうと思えば行けるので心配するほどではありませんが、自分に甘い人だと先延ばしにしてしまうので注意してください。

 あとがき

 長く過去問について書いてきましたが、結局のところ真面目に授業に参加して真面目に先生が大事って言っているところを理解していれば落とすことはありませんよ!

ただ、どうしても不安であるならば直に先生にどのように対策を行えばいいかを聞くのも手かもしれませんね。

 

それでは健闘を祈ります!

大学生にお得な情報

大学生でバイト探している方はt-newsというサイトがおすすめです!

登録して損することはないです!!

なぜなら、無料登録するだけでアマゾンのギフト券500円分がもらえるからです!

 

気になる方は下の記事からどうぞ! 

bult32.hateblo.jp