ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

ある大学生の日常サンプル

就活生だけど人間の寿命は延びているのに、人間の賞味期限が狭まっているのがつらい

【スポンサーリンク】

f:id:bult32ploc:20180227184326p:plain

どうも!管理人のジャンボです!

僕は今大学3年生でそろそろ就活が始まります。

それで、「どこに就職しよかなー」、「そもそも自分は就職できるのか」なんていろいろ悩んでいるのですが、ここであることを思いました。

 

「人間の寿命は延びているのに、人間の賞味期限って短くなっていってね?」

 

どういうこと?

賞味期限という言い回しをしたので、少しわかりづらくなっていますが要は人間の寿命が延びているのに人間が働ける期間は短くなってきているんじゃないかってことです。

医療技術が発達して、人間は長く生きられるようになりましたが、その分ロボット技術やインターネットが発達して人間の力が段々と要らなくなってきている時代に入りました。

就活生だと【将来AIに仕事を取られてしまう】的な話はよく聞くと思いますが、どんどん人間が働ける期間が短くなっているというのも大事だと思います。

この期間が短くなっていってるのは、3つの理由があると思います。

 

1.必要な技術が高くなりすぎて、平均的な人間では技術を習得するまでの期間が長くなりすぎてしまった。

2.技術自体が入れ替わるスピードが速くなって、人間が入れ替わりに対応できなくなってきた。

3.ロボット等が人間の能力を超え、仕事を奪うようになってきた。

 

1は現在プログラマーが必要な状況なのに、常に不足している状況を考えてもらえば分かりやすいと思います。

2は現金支払がカードの支払いに移り、そこからQrコードの支払いに移っていく過程が分かりやすいと思います。(日本は取り残され気味)

3は工場での仕事がロボットに取られて行っている現状が分かりやすいですね。

 

こういった理由から、人間が働ける期間が短くなっていると思います。

 

何が怖いか?

これの何が怖いって、どんな産業がいつまで残っているのか分からないことと技術に追いつけなくなった人間が落ちぶれていくことです。

仮に就職できたとしても、その会社の強みが急発展した技術に盗まれてしまったら、会社は経営を維持できません。

 

つまるところ、一般的な能力しかない自分は結局何をしたらいいか分かんないんですよね・・・

(自分がやりたいことをやればいいという考え方もあると思いますが、それでもその仕事を維持することができるかどうかは分かりません)

 

どうしたらいいか

とはいえ、解決策を考えないとどうしようもないので自分なりに考えてみました。

解決策は自分で価値を生みだせるようになるということでしょう。

 

これは、自分で音楽を作曲したり、絵を描けるようになるということですね。

他にも、自分で物を作らなくても何かを転売することで価値を生みだしてもいいかもしれません。

とにかく、何かに依存しないで価値を作れるようになることが大切なのかなぁと思いました。

 

まぁ、具体的な解決策は全然思いつかないんですけどね!!

なにかしら、思いついたら追記してみようと思います!