ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

ある大学生の日常サンプル

グループディスカッションの練習ができて、企業からも特別選考を受けられる【出会いの場】に行ってきたから、感想や評価書くぞ!

【スポンサーリンク】

f:id:bult32ploc:20170926222155p:plain

 

就活予備生の皆さん、こんにちは!

 

つい最近、【出会いの場】というイベントに行ってきました!

このイベントを簡単に説明すると、グループディスカションの練習をしながら、企業からも特別選考を受けられる1粒で2度おいしいイベントです。

 

今日は、そんな【出会いの場】に行ってきたので、それらの感想や評価について自分なりに書いてみることにしました。

 

※この記事は、事前に【出会いの場】を運営するDEIBAさんから執筆許可をいただいているものです。僕みたいに、記事を書く場合は、許可を取ってから書くことをお勧めします。

 

 

出会いの場とは?

最初に【出会いの場】についてもう少し詳しく書きますね。

 

出会いの場とは、DEIBAカンパニーが主催する就活イベントで、学生の方にグループディスカッションを行っていただき、その様子を企業の新卒採用担当者が見て、優秀な学生に特別選考のオファーを申し込む日本最大級のスカウト型採用イベントです。

 

ここから先は当日の具体的な流れです。

 

【出会いの場】当日は午前と午後で内容が別れています。

午前中はグループディスカッションの対策講座を前の日に受講した後、計20テーマに関して議論に臨みます。討議の様子を企業の新卒採用担当者が見て学生を評価します。

1回終わるごとに企業の方からフィードバックも受けられます。20回のグルディス演習とフィードバックにより、本選考での選考通過率が格段に向上します。

 

午後は、対話会とフリーセッションという企業の方々と対話する時間となっています。

対話会では企業の方と少人数で座談会を行います。どの企業との座談会になるのかは、ケースセッションでの評価を鑑みて、オファーが来やすい組み合わせを自動的にシステムで弾き出します。通常の企業説明会よりも少人数で実施されるため、企業のことがより詳細に理解できるようになります。

 

フリーセッションは、対話会で話せなかった企業や、話せたけれども更にじっくり話を聞きたい企業のところへ自由に周り、会話できる時間です。イベント当日は社長や人事部長など、採用に関して影響力の強い方々が多数ご参加されます。自分の魅力を存分にアピールし、企業から魅力的なオファーを引き出しましょう。

 

そして、イベントが終わると、参加企業から特別選考のオファーを受けることができます。選考ショートカットや社長との食事会、企業内ツアーやインターンシップへの参加など、ここでしか受けられない魅力的なオファーが盛り沢山。気に入ったオファーであれば承諾し、早期内定への一歩を踏み出しましょう。

 

DEIBAカンパニーのホームページから引用しました!

もう少し詳しく知りたい方や参加してみたい人は、リンクからどうぞ!

DEiBA Company(デアイバカンパニー)

 

DEIBAに行ってみた評価

DEIBAの魅力と参加してよかったことは?

ここからは、実際に行ってみてよかったことなどを書いていきます!

僕が行ってよかったと思えたことは、大きく分けて3つです。

 

グループディスカッションが絶対に上達する!

最初はグループディスカッションをそんなに行ったことがなかった為に、僕は割とあたふたしていたのですが、事前日に行ったガイダンスとイベント当日の20回のグループディスカッションでどのように進めていけばいいのかが理解できました。

特に、前提条件や定義づけ、必要条件という言葉を聞いてもピンとこない人には、ぜひ行ってほしいです。

参加すれば最後はしっかりと自分の頭で考えて議論に参加できますよ!

 

企業の人と近い距離で話せる!

よくある合同説明会では、参加者が多かったりして企業の方と話す機会がそこまでないと思うのですが、少人数制であることもあってか踏み込んだ質問や会社の裏側まで聞くことができました!

(実際に同業者との競合が厳しいイメージがありますが、御社の強みは何ですか?等) 

 

知らない業種や興味のない業種のイメージが変わる!

【出会いの場】は、人と企業の偶然の出会いを目的としたイベントの為、自分の興味のない企業との対話会がマッチングされていることがあります。

 

実際、僕もそんなに興味のない会社との対話会がセッティングされていました。

しかし、話を聞いてみると僕のイメージと全く反対で、むしろ志願先の一つの選択肢に入れたいと考えたい企業もありました。

 

あとは単純に、社会勉強として業界を知ることができたのも良かったと思いましたね。

 

 

逆に出会いの場の良くないところは?

ここからは、良くないと感じたことを正直に書きます。

 

興味の湧かない企業もある

これは、良かったところで書いたことと二律背反ではあるのですが、マッチングされてそこまで興味の湧かない企業もありました。

ただ、それは知らない業種や興味のない業種への新たな気づきには必要なことでもあります。

従って、完全に行きたい業種や会社が決まっている人にはあまり勧められませんが、自分がどんな会社に行きたいか分からない人や、社会勉強をしたい人、一度自分の就活への考えを見直してみたい人は行ってみるといいかもしれませんね。

 

参加するのに時間的な余裕が必要

【出会いの場】に参加するには、事前のガイダンス(2時間程度)と2週間連続で週末のどちらかの日(つまり、2週間連続で土曜を空けるか、日曜を空けないといけない)を空ける必要があります。

 

初回以降は、2週間連続で空ける必要はなく、1日だけの参加も可能とのことですが、週末が忙しい人や、部活やサークル、バイトが休みにくい人には参加しづらいかもしれません。

(長期休みや休日をうまく活用しましょう!)

 

開催地が、首都圏に限られている

まだ、有名なサービスではないことからか2017年9月25日現在で発表されている会場は、東京、大阪、仙台、博多のみとなっています。

その為、開催地から離れた場所に住んでいる人には、参加しづらいかもしれません。

 

実際の日程や開催場所について知りたい方は、こちらのリンクからどうぞ。

DEiBA Company(デアイバカンパニー)開催スケジュール

 

 

 

良くないと感じた点は、これくらいでしょうか僕自身は満足度が高く行ってよかったと思えるイベントでした。

 

聞かれそうな質問に先に答えるコーナー

ここからは、僕自身が参加前に疑問に思っていたことや、多くの人が聞きたそうなことなんかを書いていきます。

 

Q.どんな企業が来るの?

 【出会いの場】では、人と企業の偶然の出会いを目標としている為、参加者は直前までどんな企業が来るかを知ることはできません。

また、来る企業も開催日ごとによって違うらしいです。

 

ただ、僕が行った回では名前を聞いたことのある東証の1部に上場している会社や、名前を聞いたことがない小さな会社、会社が若くこれからどんどん成長していきたい企業など様々な企業がありました。

 

Q.グループディスカッションに自信がないです。

僕も初めは、自身がありませんでした。

ただ、事前のディスカッションで考え方は教えてくれますし、なによりイベント当日は初めて参加するという方も多いので、気にする必要はありませんよ。

一番最悪なのは、自身のないまま就活が始まってしまうことです。自身がないからこそ一歩踏み出してみましょう!

 

Q.オファーってどんなものがあるの?

正直なところ企業によって違うとしか言えません。

一応僕が受けたものの紹介をすると、特別なインターンや面談がありました。

 

Q.服装はなにでいいの?

ホームページにも書いてありますが、90%以上が私服でしたよ。

逆にスーツだと浮くかもしれませんね。

 

Q.お昼はどうすんの?

基本的に持ち込みです。

また、日や会場によって近くのコンビニが閉まっていたり、ないこともあるので会場に入る前に買っておくことを勧めます!

(僕は昼抜きになることがありました・・・)

 

あとがき

僕はグループディスカッションの練習を目的にイベントに参加したのですが、非常に満足度の高いイベントでした。

特にグループディスカッションは、選考で採用している企業が多いものでありながら、一緒にやってくれる人がいないとできないものですし、練習の場には最適だと思います。

 

また、メリットはそれだけでなく色々な業種についてみてみることで、一度自分の就活に対して俯瞰して考えることができますよ。

 

別に僕は、DEIBAから一銭も貰っていませんが、興味を持ったのであれば、1度行ってみることをお勧めします!

 

就活予備生に耳寄りな情報!!

現在大学3年生、もしくは来年から就活を始める院生の方に耳寄りな情報です!

現在(2017年10月18日)、大学生を応援するサイトt-newsを経由してリクナビに新規登録するとamazonのギフト券500円分がもらえます!

f:id:bult32ploc:20170815102812p:plain

また、t-newsを登録する際にある条件を満たしていると、上の報酬の500円分にプラスしてさらに500円分のamazonギフト券がもらえます!!

 

もし気になった方は、こっちの記事に詳しく書いてあるのでどうぞ!!

bult32.hateblo.jp