ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

ある大学生の日常サンプル

PAYMOのCMソングが気に入った?だったら作曲家さんの他の曲聞こうぜ!!

YOUTUBEを見ているとこんな広告を発見した。

www.youtube.com

ナイスな幹事!いい感じ!僕も君もペイモ!という韻が気持ちイイさびと気の抜けているラップが特徴的なこのPAYMOの歌、CMソングとは思えないくらいクオリティが高くこの曲を最後まで聞きたいと思ってCMをぜんぶ見てしまった。

 

 

実際、YOUTUBEのコメント欄でも曲の良さについて、言及しているコメントが多く、さらにはgeogleを使って検索してみると下の欄には

f:id:bult32ploc:20170528155654p:plain

ペイモ 歌 とまで出てくるようになっていた。

 

ただ、曲を聴いている最中初めて聞いたとは、思えないほどに曲に親近感を感じた。作曲者を調べたところ予想は的中していて、ENJOY MUSIC CLUB(以下EMC)で活躍している江本祐介さんであることが分かった。

親近感の正体は江本さんの曲構成とCMにも入っている江本さんの声だったのだ。

 (江本さんはEMCで歌とトラックとラップを担当している)

 

f:id:bult32ploc:20170530175008p:plain

 

にわかだがEMCのことは、好きで注目していたので、これでEMCが有名になればとてもうれしいしEMCのことが語れるようになるのではと期待していた。

しかし、コメント欄や検索結果をみてもフレンズのおかもとえみさんやモデルの川口カノンさんについての言及は多いのだが、江本祐介さんについて触れている方が圧倒的に多くとても悲しくなった。(これは知名度の問題もあるから、仕方ないことはわかるがそれでもかなしいぞ・・)

 

江本祐介さんが所属するグループ【EMC】で好きな曲

この記事をクリックしてくれた方は少なくとも、江本さんの曲を気に入ってくれた方であると思う。そんなあなたにまず、僕の好きなEMCの曲を紹介したい。

そんな夜

www.youtube.com

バカリズム原案脚本の日本テレビ系のドラマ『住住』(出演:バカリズム二階堂ふみ、オードリー若林)の主題歌となった、3人組ラップユニット・ENJOY MUSIC CLUBの新曲「そんな夜」のMVを公開。本MVのアニメーションは、シャムキャッツのMVなどを手がけるサヌキナオヤとずっくによるユニット"WHOPPERS"が手がけ、コーラスにはHomecomingsの女子メンバーが参加。あるマンションを舞台に住人たちのある日の“そんな夜”を描いている。

 EMCの曲を聞いていると、その多くがよくある日常風景やなんとなくありそうな情景を切り抜いた歌詞が多いことに気が付く、その代表格となるものが【そんな夜】だと思っている。この歌は、どこにでもある夜のマンションの情景を切り通った歌詞と心地のいいラップが特徴的な曲で、サビの「ドラマチックと程遠い、ロマンチックのかけらもない~」のコーラスにはついつい口を合わせて歌いたくなる。

また、PVもマンションに住んでいる人たちの姿が細かく描かれていてつい見てしまうというEMCらしい作品になっている。

どこにでもある日常の時間が過ぎていくことの名残惜しさをを表現していて、どこかセンチになる曲だ。

 

ナイトランデブー 

www.youtube.com

2016年8月13日に開催された「エンジョイスーパーライブ」in武蔵野公会堂でのLIVE映像です。ENJOY MUSIC CLUBの楽曲「ナイトランデヴー」をザ・なつやすみバンドがアレンジしたSPバージョンです!撮影:辻 祐太郎PA : 馬場 友美

 

EMCの夜に関する曲を紹介した後はこの曲の紹介も欠かせない。

何の音もないところから始まる「あー二人はいつも何も決めずに歩いて、あー夜はいつも二人をのせてく」という歌いだしとともに、ドラムとピアノの音が入ってきた瞬間、僕はこの歌に引き込まれた。また、「とっくに行っちゃった終電 なくなった携帯の充電 二人が作った平行線 まだまだ続くナイトランデブー」のラップの繰り返しも聞いていて気持ちがいい。

僕個人としては、ラップと聞くとディスりのイメージが強く苦手な印象を持っていたが、この曲でそのイメージが払しょくされラップがむしろ好きになった。

(ラップの定義が違っていたらごめんね♪)

恋人と一緒に歩いているときの何も起こらないけどむしろその感じが心地いいという雰囲気が表現されていてとても好きだ。

 

夏の魔法

www.youtube.com

2016年8月に発売されたENJOY MUSIC CLUBの『Summer Magic EP』収録曲である「夏の魔法」。本作のMVでゲイカップルを演じているのは、シャムキャッツの夏目知幸(Vo,Gt) と俳優の栗原義彦(Jungle inc.)だ。夜の銀座を舞台にした“ボーイ・ミーツ・ボーイ”のドラマは、メロウな楽曲とリンクしたせつない世界観に仕上がっている。監督はENJOY MUSIC CLUBのメンバーで、乃木坂46の個人PVなどを手がける映像ディレクター・松本壮史が担当した。

夏といえば恋の季節だが、そんな夏の恋に思い出がある人は多いのではないだろうか。

この曲では、せつない夏の恋の思い出がメロウなリズムで歌い上げられている。

特に僕が気に入っているのは最後のサビの

「夢が終わり 魔法が解けた 君の影を見たifとifばっかの夏だったお願い もう1度だけ」

 

 のフレーズである。このフレーズを聞くたび約束だけで終わった恋を思い出して、うまいなぁと思ってしまう。どんな形であれ夏の恋に思い出がある人には聞いてほしい。

また、PVではあえて芸のカップルによる恋を映し出すことによって、恋のせつなさを演出している点にも注目だ。

番外編 江本祐介 名義 ライトブルー

www.youtube.com

 PAYMOではラップが多かったことから、EMCのグループとしての江本さんを紹介したが、江本さんは個人名義でも活動している。そのうちの一つにライトブルーという曲がある。この曲を聴いていて、この曲のさわやかさだったりエネルギーに満ちた感じをうまく表現できなったのだが、それを言語化している方がいたので引用したい。

恋愛至上主義者やら恋愛ジャンキーなどでは全くないのだけども、誰かが誰かを好きになる、あの瞬間に発生する爆発的にロマンティンックなエネルギーのポジティブさに関しては全肯定していきたくって、いつだって誰もが誰か愛し愛されて生きていて欲しいと祈っています。しかし、人生はそんなにイージーではなくて、ときにはとてつもなく寂しい私たちだから、ポップミュージックは賑やかな場所でかかり続けるのでしょう。

江本祐介『ライトブルー』 - 青春ゾンビ 

この曲のエネルギーは人が恋に落ちるときに発せられるポジティブな爆発なんだと思う。今では、僕はどこかすれた大人になってしまったけど、まだ制服を着ていたころの恋をしただけでなんだか無敵な気分になれる、そんな忘れてしまった気持ちを思い出させてくれるからこの曲はエネルギーに満ちているんだろう。

聞いているとどこかへ走り出して「さぁーやるぞ!」なんて言いたくなる気持ちのいい曲だ。

 

まとめ

この記事を読んで江本祐介さん及びEMCに興味を持ってくれる方がいたら、一ファンとして嬉しく思う。

PAYMOの【あれもこれも】の精神でもっと江本祐介さんのいろんな曲を聴いていきましょう!

(うまくないかな( ^ω^)・・・)