ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

ある大学生の日常サンプル

アフィリエイトの売り上げUP!? 【売れる文章術】読み終わったから感想書くよ!

【スポンサーリンク】

ブログを書きながらお金を稼ぐことは多くのブロガーの目標でありながら、実態はなかなか達成するには難しいものです。

(実際自分も少ししか稼げていません 汗)

 

今日はそんな目標への手掛かりになるかもしれない【売れる文章術】を読んでみたので感想と個人的に役に立ったところをいくつか書いていきます。

 

どんな本?

まずは、簡単に内容の説明をしたいと思います。

昔のセールスはいかにその商品を持っていないことで相手が損をするかを煽って商品を買わせるかという手法が主流でした。

しかし、現在はSNS等によって情報の透明度がとても高くなっている時代になっている為、このような手法は取りづらくなっているだけでなく、むしろ下手に危機感を煽ったりすると、その商品の悪さが拡散されるなどの危険性もあります。

 

その為、現代では相手に共感を持ってもらって信頼関係を構築して、商品を買ってもらうという手法が重要です。

 

そんな相手に共感を持たせる手法を誰にでもできるように作者が考えて、本にしたのがこの本です。

 

個人的に面白いと思ったところ

ここからは、個人的に面白いと思ったところを書いてみたいと思います。

 

1.あなたらしさを伝えよう

本の紹介でも触れましたが、現代はSNSが非常に発達した時代です。そんな時代で信頼関係を気づくには自分らしさを伝えることが重要です。

文章の中に相手がどんな人間か見えるのと見えないのでは信頼の仕方に大きな差があるので、文章の中に自分らしさを取り入れてみようという話でした。

 

確かに、有名なブロガーの方ってどの方も自分のブログに自分らしさのようなものを持っていると思います。

例えば、有名どころだと【ヒトデさん】とかでしょうか。

 

www.hitode-festival.com

 

全面的に自分のキャラを押し出していて、文章を書いている人の性質みたいなのが見える文章ですよね。

 

僕がブログを書こうとすると、別に誰かに見られているわけでもないのに、なぜか体裁を装ってしまいます・・・

もうちょっと自分らしさを出していきたいですねー

 

ターゲットを深く理解しよう

【売れる文章術】ではターゲットを理解するもしくは明確化するということが本の中で書き方を変えながらも何度も出てきます。そのお客様の悩みは?その悩みの原因は?それを買ったら、利用したらどんな風に問題が解決できる?なんて感じのことや、そのお客さんは普段どんな生活をしていそうかということまでです。

 

共感を得て、信頼関係を築くには相手に対して理解を深める必要があります。自分のことを分かったうえでセールスしてくる人の話と自分について何にも知らないで押し売りしてくる人の話だったら前者の方が絶対に聞きたくなりますよね。

 

僕自身、ブログを書くときはどんな層が見てくれているのかを忘れがちなところがあってついつい独りよがりに書きがちです。

(ブログって自由に書くからこそ、楽しいんじゃないの?とかいう突っ込みは話がややこしくなるので、考えないものとします・・・)

 

独りよがりに書くと、運に任せて商品を紹介しているだけで、ホントに商品が欲しい人のニーズにより添えていないということが分かりました。

もう少し、自分でどんな人が商品を買うのかということや、ブログ訪問者の傾向を分析していこうと思います。

 

機能ではなくベネフィットを伝える

商品の良さを伝えようとする時は、機能ではなくてベネフィットを伝えるべきだという話です。

パソコンを例題に考えてみましょう。

 

パソコンを買いに行った人が多く知りたいのって機能の説明ではなくて、結局それで何ができるの?ってことですよね。

それなのに、coreがi5だとか画質が綺麗という話をされても買う気は起きないんじゃないでしょうか。

 

伝えるうえで本当に必要なのは、それを買った後にどんな未来が待っているかですよね。

あるパソコンが画質が綺麗という性質を持っていて、映画をよく見るというお客さんがいるのなら、【パソコンでテレビ以上にきれいな映像を楽しめるというポイントをアピールする】というようにお客さんに買った後の未来を見せることを意識してみましょう。

 

僕自身、営業という仕事をほとんどやったことがなかった為に衝撃的でした。

機能ではなくベネフィットを伝えるだけは、今後絶対に継続していきたいと思います!

 

あとがき

時代的に情報の透明度が上がっている為、読者もしくはお客さんとの信頼関係を構築することが重要という話は納得感のあるものでした。

これからの時代は、もっと情報の透明化が進んでいくためそういったセールスのやり方がもっと主流になっていくんでしょうね。

 

また、今回は【売れる文章術】の核となる部分だったので紹介しませんでしたが、この本では共感されるための文章が書きやすくなる著者独自の方法についても書いていて、文章の作り方がわかるというのもこの本の魅力だと思いました。

 

これから求められるセールスライティングについて学びたい人や、セールス文がうまく書けない人は読んでみると良いかもしれないですね。

 

 リンク張っておいたので、他の感想が気になる方は見てみてください!

売れる文章術

売れる文章術