ある大学生の日常サンプル

とりあえず誰かの役に立つ記事がかければいいというスタンス!

ある大学生の日常サンプル

なんとなく人寂しくなるのは、○○がないから!?なぜか寂しくなる理由を考えてみた

【スポンサーリンク】

どうも!

急に人恋しくなることに定評のあるジャンボです!

皆さんは何かしているときにふっと、誰かに会いたくなる現象ありませんか?

 

僕は結構あるんですよね。

それで、何でそういう風に思うときがあるのか考え直してみたらある程度共通点があることに気が付いたんです。

 

それは、目標意識がない時です!

分かりにくいと思うので、この記事を通して具体的に書いてみたいと思います。

 æ³£ããªããã飯ãé£ã¹ã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

寂しくなるのはどんな時?

皆さんはどんな時に人恋しくなりますか?僕の場合は

 

自分はバイトの暇な時間、

家でなんとなくケータイをいじっていたりゲームをしている時、

大学でボーっと授業を受けているとき、

SNS等で他の人が楽しそうな写真を上げているとき

・・・・

 

なんて時でしょうか。

これにつながる共通点は自分が暇なときや時間をもてあましているときなんです。

何故、暇なときに人恋しくなるのか。それは暇だと余計なことを考えてしまうからだと思います。

 

もちろん、これに当てはまらない方もいらっしゃるでしょう。

そういった方には、申し訳ないですが今回の記事ではあまり力になれないと思います。

 

その人恋しさをなくすには?

暇だと人恋しくなるのであれば、その暇をなくしてしまえばいいんです。

つまり何かに没頭しているときや一生懸命やっている時であれば、余計なことを考えなくなります。

 

例えば、

一生懸命運動をしているとき

買ったばかりのゲームにはまっているとき

受験期に一生懸命勉強していたとき

 

なんかは特に人恋しさを感じることがなかったと思います。

これらはそれぞれ余計なことを考えないで良い状態が完成しているから、寂しくならないんでしょうね。

そして、これらの状況を作るのに重要な要素が目的意識です!

 

目標意識を持つことで寂しさがなくなる!?

目的意識を持つと寂しさがなくなると書きましたが、これがどういうことか今までのおさらいをしながら説明します。

まず、暇なときや何も考えていないときほど雑念が生じやすく、寂しくなります。

この時間をより少なくしたいわけです。

そして、何かに集中していればしているほどこの時間が少なくなっていくので、物事に集中している時間を増やすことで、寂しさを感じにくくなるというのが今までの話の運びでした。

 

集中している時間を増やすにはどうすれば良いでしょうか。

その為には目標を持つことが良いとされています。受験期を思い出すと分かりやすいですが、何か目標がある時ほど人は物事に集中できます。

(他にも、成果を分かりやすくすることで集中力が上がったりもしますが、本筋から外れてしまいそうなので省きます。)

 

つまり、普段から目標を持つことで集中力が上がって雑念が消えて寂しさを感じることがなくなるんです!!

目標意識を持とう!

とはいえ、急に目標を持とうと言われてもなかなか難しいと思います。

(実際のところ、自分もできていない部分があるので・・・)

 

なので、特に難しく考える必要はないです!

例えば、

いつもやっている作業に時間制限を取り入れる

1か月に本を1冊読むだったり

資格の勉強を始めてみたり

 

等の思いついてみたことを始めてみましょう!

それだけで何かに没頭しやすくなります!

ただ、注意してほしいことがあります。それは目標を大きくしないことと、期間を長く設定しすぎないことです。

理由はこれをしてしまうと、目標がぶれたり、曖昧になってしまうからです。

 階段を上っていくイメージでまずは小さな目標からクリアしていきましょう。

 

必ずしも人恋しくなることは悪くない

ここまで人恋しくなる時間を減らす方法を書いてきましたが、僕自身は別に人恋しくなること自体は悪いと思いません。

(あんまり長い間、人恋しかったり、それで作業に集中できないとちょっと問題ですが・・・)

 

なので、寂しかったら素直に人に会ったほうが良いと思います!

要は付き合い方が大事ってことですね。

ただ、もし寂しさが長引いて辛かったら今回の記事を参考にしていただければ幸いです!